経営支援

高崎商工会議所は、小規模事業者支援法に基づく商工会及び商工会議所が作成する
「経営発達支援計画の第1号認定」を受けました。

 平成26年6月に商工会及び商工会議所による小規模事業者の支援に関する法律(平成5年法律第51号、
以下「小規模事業者支援法」という。)の一部を改正しました。
本改正は、小規模事業者の事業の持続的発展を支援するため、商工会及び商工会議所が、小規模事業者
による、事業計画の作成及びその着実な実施を支援することや、地域活性化にもつながる展示会の開催
等の面的な取組を促進するため、商工会及び商工会議所が作成する支援計画のうち、小規模事業者の
技術の向上、新たな事業の分野の開拓その他の小規模事業者の経営の発達に特に資するものについての
計画を経済産業大臣が認定する仕組みが導入しました。


当所の経営発達支援計画
【目標】当所職員の資質を更に高め、併せて地域支援機関の中核的機能を果たすことにより、経営資源
に乏しい管内小規模事業者に対して創業時から成長、成熟期に合わせたきめ細かい伴走型支援を実施し、
管内小規模事業者の持続的発展を目指します。

【事業内容】

【アンケート調査事業】
新たに管内商工業者に対して経営環境等の調査を実施し、小規模事業者のニーズを的確に把握・分析し、
実態に即した経営支援策を講じる。

【情報伝達強化支援事業】
経営指導員の巡回によって収集した旬な需要動向や各種調査資料を分 析・加工した情報を、携帯端末の
活用や会報・ホームページの刷新に より、情報力に乏しい小規模事業者に広く周知を図る。

【事業計画策定支援事業】
事業計画策定を目指す小規模事業者の掘り起こしと計画策定の必要性 を説き、発達段階に応じた支援を
実施するとともに新設される「小規模事業者経営発達支援融資制度」への活用を図る。

【創業・第二創業・経営革新支援事業】
「創業支援事業計画」の認定を受けた高崎市産業創造館と、また設立した「たかさき創業応援ネットワーク」
を機能させ、成長に合わせた伴走型支援を実施することで地域創業等を後押しする。

【販路開拓・拡大支援事業】
小規模事業者の最大課題である販路開拓・拡大に対しては、ホームページ作成支援と展示商談会事業を拡充
強化することにより対応する。

【飲食業活性化事業】
「高崎まちなかオープンカフェ」と「高崎バル」について、参加店舗の事業計画策定等個者支援により新店舗出店
や業態化を強力に支援する。

【経営安定相談事業】
事業者の経営危機の未然防止と危機に陥った事業者の経営改善を支援して行く、また新たにM&Aの手法を取り入れ多様な対応をはかる。

【人材育成支援事業】
階層別ビジネスセミナーと経営課題別セミナーを定期的に実施し、人的資源の乏しい小規模事業者への側面支援を行う。

【地域経済活性化】
大型商業施設進出による影響と新たな地域経済活性化策を検討する。
またイベント効果についても検証し、各個店の売上貢献度を把握する。